空気清浄機 PR

MC55Zの口コミレビュー。電気代やお手入れの仕方は?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ダイキンのストリーマ空気清浄機MC55Zの口コミレビューをお伝えします。

気になる電気代やフィルターの交換時期、お手入れの仕方についてもまとめました。

ダイキンMC55Zは加湿機能のついていないシンプルな空気清浄機で、センサーの強力さが魅力です。

MC55Zの口コミレビューは

  • センサーがすぐに反応する
  • 部屋の臭いが気にならなくなった
  • 音が驚くほど静か
  • コンパクトでに邪魔にならない
  • お手入れが楽

といった良い口コミがとても多かったです。

とくにお手入れは普段のお掃除のついでにササっとできる気軽さ。フィルターの交換期間も10年とかなり長く、ランニングコストにすぐれた空気清浄機です!

電気代も節約できるモードがあるので、24時間365日点けっぱなしにしていても思った以上に安く済みます。

詳しい口コミレビューや電気代、お手入れ方法については本文で紹介していきますね!

ご購入の際の参考になればさいわいです。

▼ダイキンMC55Zは2023年最新モデルです!

同じような機能でより価格を抑えたいなら2022年モデルのMC55Yがおすすめです。

>>>2022年モデルMC55Yとの違いはこちらの記事でご紹介しています。

ダイキン(DAIKIN)MC55Zの口コミレビュー

ダイキンMC55Zの口コミレビューについてまとめていきますね。

かなり評判がいい商品なのですが、良い口コミだけではなく悪い口コミもしっかり確認していきます!

ダイキン(DAIKIN)MC55Zの悪い口コミやデメリット

MC55Zの口コミは良いものがとても多く、あまり悪い口コミはありません。

唯一あったのが、音が大きい、移動させるのが面倒というもの。

音に関しては静かでいいという良い口コミの方が圧倒的に多かったのですが、センサーが働いて動いているときには大きな音が出てびっくりしてしまうようです。

「しずか」「弱」のモードもあり、そちらにすればささやき程度の音になります。音が気になる方はモードの調整が必要かもしれませんね。

また、底にキャスターがついていないので移動するときには持ち上げる必要があります。

それでもコンパクトな設計なので、女の人でも気軽に持ち運ぶことはできます。

すごく軽くて移動が楽! という口コミもありましたよ♪

ダイキン(DAIKIN)MC55Zの良い口コミ

今度はダイキン(DAIKIN)MC55Zの良い口コミをご紹介します。

  • センサーの反応がいい
  • 音が静か
  • お手入れが簡単
  • コンパクトで邪魔にならない

など、たくさんの口コミがありました!

センサーの反応がいい

  • ボディクリームやマニキュアで反応する
  • ペットが動くとすぐにセンサーが反応する

MC55Zは臭いと埃を自動感知してセンサーが働くのですが、センサーの反応がいいという口コミがとても多かったです。

においや埃に素早く反応し、部屋の空気をきれいにしてくれます。

おかげで鼻をかむ回数が減った、ペットや料理の臭いがしなくなったなど効果も実感できているようですよ!

動作音が静か

  • うるさいと感じない
  • 静音モードはかなり静か
  • 運転しているのか気になってしまうくらい静か

センサーが反応した時にはエアコンの「強」くらいの大きな音がするようですが、あまり気になるほどではないとのこと。

むしろ大きな音が鳴ると「しっかり働いてくれてる!」って分かるのでいいという声もありました。

「しずか」「弱」というモードもあり、寝る時には弱いモードに切り替えるという使い方もできます。

具体的な音の大きさを表にまとめてみました。

  しずか 標準 ターボ
運転音 19dB 29dB 39dB 53dB

20dは木の葉の触れ合う音や雪の降る音、30dBは深夜の郊外や鉛筆での執筆音という、きわめて静かなレベルです。

標準の40dBでも閑静な住宅地の昼、図書館内の静けさ。

50dBは家庭用エアコンの室外機や静かな事務所の中くらいなので少しざわつくかなという程度ですね。

普段は標準にしておいて、寝る時にはしずかや弱というようにモードを切り替えれば全く問題はなさそうです!

参考:埼玉県深谷市『騒音の大きさの目安

お手入れが簡単

  • 普段の掃除をするついでにサッとお手入れできる

ユニットが2つ、フィルターが3つもあるのですが、ユニットはお手入れ不要。

フィルターも普段の掃除のついでに、掃除機で吸ったり、埃取りでサッと撫でたりして埃を取り除けばOK。とっても簡単です。

加湿機能がないのでフィルターの掃除や水の入れ替えという手間もありません。

▼加湿機能も欲しいならMCK55Zがおすすめ!

空気清浄機は花粉症の時期に使いたいという方も多くて、加湿器や除湿器としての機能は必要ないという場合もありますよね。空気清浄機のみというシンプル設計は助かります。

具体的なお手入れについては記事の後半でお伝えしますね!

コンパクトで邪魔にならない

  • コンパクトで持ち運びやすい
  • リビングで邪魔にならない

270mm×270mm×500mmというコンパクトな大きさ。

とくに高さが500mmというのは空気清浄機の中でも背が低いタイプです。

部屋の中で圧迫感がなく、リビングや玄関に置いても邪魔になりません。ローチェストの上にも置ける大きさなので、床置きの家具を減らすこともできます。

MC55ZはコンセントがL字にリニューアル。コンセント部分もコンパクトになりました。

▼L字型のコンセントでコンパクトさがアップ♪

ダイキン(DAIKIN)MC55Zの電気代は?

MC55Zの電気代は24時間365日点けっぱなしにしていたとしても一ヶ月で242.7円。年間でも2,952円でした!

MC55Zには「しずか」「弱」「標準」「ターボ」の4つの運転モードがあります。それぞれの商品電力と電気代を表にしてみました。

  しずか 標準 ターボ
消費電力 6W 9W 15W 46W
1時間あたり
の電気代※
0.16円 0.24円 0.41円 1.24円
※電力料金目安単価27円/kWh(税込)[平成26年4月改定]で算出。
標準モードで一日中運転したら一日9.84円。

ただ、寝ている間だけはモードを「しずか」にするという使い方をしている方が多いようです。

睡眠時間を7時間と考えると、0.16×7=1.12円。起きている間は0.41×17=6.97円。

つまり一日の電気代は8.09円ということになります。

毎日24時間点けっぱなしにしていたとしても一ヶ月の電気代は242.7円。年間でも2,952円

部屋の空気をきれいに保つためには、空気清浄機は常につけておきたいもの。このくらいの電気代で快適に過ごせるなら、良いですね!

▼電気代を抑えて空気はきれいをキープ!

ダイキン(DAIKIN)MC55Zのフィルター交換時期・費用は?

アクティブプラズマイオン発生ユニット 交換不要
脱臭フィルター 交換不要
TAFUフィルター 10年間交換不要
ストリーマユニット 交換の目安10年
プレフィルター 交換不要

※使用状況によっては交換が必要になることもあります。

MC55Zには空気をきれいに保つため、ユニットが2つ、フィルターが3つ付いています。

でも交換が必要なのはTAFUフィルターとストリーマユニットの2つだけ。しかも10年間は交換の必要がありません。

10年後にはもう新しい空気清浄機を買っていることも多いと思うので、実質交換不要と言えますね!

▼ランニングコスト抜群のストリーマ空気清浄機♪

ダイキン(DAIKIN)MC55Zのお手入れの仕方は?

なんと、ほぼお手入れ不要です!

前項でもお伝えした通り、MC55Zには空気をきれいに保つためさまざまなユニットやフィルターがあります。

  • アクティブプラズマイオン発生ユニット
  • 脱臭フィルター
  • TAFUフィルター
  • ストリーマユニット
  • プレフィルター

これだけのフィルターを掃除するのは大変そうですよね……!

でも、アクティブプラズマイオン発生ユニットとストリーマユニットはお手入れが不要! フィルターだけをお掃除すればOKです。

しかも、プレフィルターだけは2週間に1回水洗いをして乾燥させる必要がありますが、脱臭フィルターやTAFUフィルターは掃除機で吸うだけ

フィルターを取るためにパネルを外して……という手間は一切なし。お部屋のお掃除のついでにささっとできてしまいます!

さらにMC55Zは通風経路を除菌、ストリーマで本体内部も清潔に保つようになりました。

ボタンなど操作するときに触れる部分は抗菌仕様で消毒不要なのも今の時代にはうれしい仕様です♪

ダイキン(DAIKIN)MC55Zの機能と概要

ダイキンMC55Zについて、ここまででご説明できなかった機能や特徴を詳しくチェックしてきますね!

有害物質を徹底的に吸い込んで抑制

  • 花粉
  • 空気中のウイルス・カビ菌
  • PM2.5
  • におい

など有害物質を徹底的に抑制してくれます!

強力なTAFUフィルターが微小な粒子も99.97%除去。ダニやペットの毛などのハウスダストにも対応しています。

脱臭効果も抜群。タバコやカビ、生ごみや体臭などあらゆる臭いをフィルターに吸着させてストリーマで分解します。

どんな花粉にも対応しているので、一年中使えます。

最近はスギやヒノキだけでなく、カモガヤやブタクサなどイネ科の花粉症の方も増えてきているので、これは助かりますね。

コンパクトなデザインで場所を選ばず置ける!

とくに高さを抑えたコンパクトなサイズが魅力。

吸気口が側面、排気口が上面についているので、背面を壁から離す必要がないので、部屋の隅にポンっと置いておきやすいという口コミもありました。

MC55Zは電源コードがL字プラグになったので、コンセントの立ち上がり部分が短く、壁際設定はよりやりやすくなりました。

別売りの壁掛けキットもできたので、ますます設置場所には困りません。

操作するボタンもとてもシンプルで、迷いなく操作できます。

お手入れ不要&静音設計な独自構造

繰り返しになりますが、MC55Zはお手入れが楽ちん。

5つののユニットやフィルターはお手入れや交換が不要なものがほとんど。交換が必要なものも10年に1度。お手入れも基本的にはフィルターの埃をサッと取り除くだけです。

MC55Zからの新機能として、通風経路であるファンスクロールも除菌できるようになりました。ストリーマで本体内部も清潔に保ちます。

サイドな吹き出しに口にし、ファンをフィルターの下部に配置。この構造のおかげで防音効果が高まり、運転音が静かになっています。

ダイキン(DAIKIN)MC55Zの口コミレビュー。電気代やお手入れの仕方のまとめ

ダイキン(DAIKIN)MC55Zの口コミレビューや電気代、お手入れの仕方についてお話ししました。

ダイキンはエアコンや空気清浄機のメーカーとして評価が高いだけあって、やはり効果を実感している口コミが多かったです。

  • センサーの反応がいい
  • 動作音が静か
  • コンパクトで邪魔にならない
  • 機能がシンプルで使いやすい
  • お手入れが簡単

「音がうるさい」という口コミもありましたが、動作音に関しては「とても静かで快適」という良い口コミの方が圧倒的に多かったです。

  • 花粉やカビ、ハウスダスト、ほこり、臭いなどを徹底的に除去したい
  • 運転音が静かな空気清浄機が欲しい
  • コンパクトで場所を選ばないものが欲しい
  • お手入れの手間がかからない方がいい

という方にはおすすめです。

ペットを飼っていたり、赤ちゃんなど小さいお子さんがいたりするご家庭にはぴったりの空気清浄機です。

同じような機能でより価格を抑えたいなら2022年モデルのMC55Yがおすすめです。

>>>2022年モデルMC55Yとの違いはこちらの記事でご紹介しています。

▼型落ち版で十分という方はMC55Yもまだまだ人気!